着崩れを直して、美しい着姿になろう

着物でお出かけしていると、着崩れすることがあるかもしれませんが、着物も浴衣も直し方は同じなので、素早く直せるポイントを覚えて、外出先で着崩れしてしまった場合には、ぜひ実践して美しい着姿を保ちましょう。

着崩れを直すときには、前側や後ろ側、脇側のポイントを直すことが大切で、前側は姿勢などにより衿元や裾、おはしょりが緩んでしまうことがありますので気がついた時に直すようにします。

後ろ側は、姿勢の悪さや着付け後に緩むことにより、衿の抜きが無くなってきますので直しておき、背中の帯が崩れていたり緩むことがありますから、シワなども直すようにして、動作によってはたるんでしまうことがありますので、お尻部分も確認します。

脇部分は腕を動かすことにより、緩みやたるみが発生することがありますので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事