着物ニュース

松屋銀座にて2017年1月16日まで「白洲正子ときもの」という展示会をおこなっています。

白洲正子は88年の生涯を通じて、独自の美意識を貫いた随筆家です。
実業家である白洲次郎の妻でも知られており、展示会では愛用の着物を中心に150点が展示されこのうち普段身に付けていた着物は落ち着いた色彩で日本の美が表されていますね。

着物に興味がある方は着物を通じて、白洲正子さんの魅力を感じることができる展示会になっていると思います。
また興味がない方でも歴史を感じていくことができ、新たな趣味を見つけることができるかもしれませんね。

料金は一般1,000円、高大生700円、中学生500円、小学生300円となっております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事