自慢したくなるほど美しい帯揚げ

今回はまるでプロに着付けてもらったかのように美しい、帯揚げの結び方についてご説明致します。
もちろん全体の仕上がりは大切ですが、特に帯揚げの仕上がりは着物全体のイメージを左右すると言っても過言ではありませんから、しっかりマスターして綺麗な着物姿を楽しんでみてください!

仮止めを外して帯揚げの左右の長さを揃えたら、まずは片方ずつ整えていきます。
片方のみを手に取って脇の下から広げていき、捻れがないかを確認したら、内側に二つ折りにしたら、その状態の帯揚げを上から三分の一、下から三分の一折り上げ、袋状になっている所を整え、内側に返して輪が上に向くようにします。
真ん中から少し過ぎた位置を仮止めし、残しておいた反対側の帯揚げも同じように整えていってください。

反対側の帯揚げも輪を上に出来たら、先に整えておいた方を上にして一つに持ち、仮止めを外します。
体の真ん中で人結びし、結び目を立てにしたら、チョキの指で上になっている帯揚げを跳ね上げ、左右に人差し指を入れて交互に少しずつ引っ張っていきましょう。
そして帯の内側に俵を入れ、余った帯の部分も深く入れ込んだら完成です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事