帯揚げと帯締めの合わせ方

着物を彩るアイテムとして大切なのが、帯揚げと帯締めの合わせです。
この2つの柄や色が違うだけで、同じ着物でも全く印象の違うコーディネートを楽しんでもらう事が出来ます。

帯揚げと帯締めを合わせる時は、一般的には着物と同系色を使うようにするのが殆どでしょう。
これならばより美しくコーディネート出来るだけでなく、同系色という事であまり色合わせが得意ではないという方でも確実に色味を合わせられるというのがポイントです。
そしてより簡単な色の選び方としては、着物の柄に使われている一色を選んで合わせるという事でしょう。
例えば花がデザインされているの着物ならば、その花の一色を選んで合わせても良いですし、何ならば添えられている葉の色を選んでみても簡単に合わせられます。

また帯締めについても、帯の色合いを考えて選ぶと良いと思います。
濃い色の帯に同じような濃い色の帯締めを合わせてしまうと少し重い印象を感じてしまいますので、こうした場合は帯よりも薄い同系色の帯締めを選ぶようにするなど、帯締め一つでも色んな合わせ方を考えられるのが着物の一つの魅力ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事