子どもの着物の種類とは

子ども時代にもお宮参りや七五三で着物を着用する機会がありますので、今回は子ども用の着物にどのような種類があるのかについて紹介いたします。

子どもは成長によってサイズが異なっていて、それぞれ特殊な呼び方が異なり、0歳から3歳までの子どもが着る着物は一ツ身、3歳から4歳の子どもが着る着物は三ツ身、5歳から8歳の子どもが着る着物は四ツ身、9歳から13歳までが大四ツ身という着物を着るのです。

子どもの背丈には個人差がありますので、この呼び方は目安として対応していますが、一ツ身は主にお宮参りで子どもに着せる着物を意味しているのだそうです。

子どもの背丈に合う着物を選んで、大切なイベントを楽しく過ごしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事