浴衣での座り方と歩き方

浴衣や着物などの和装を楽しむ時は、いつも以上にマナーに注意しなければ、せっかくの和装が台無しになってしまうことがあり、そうならない為にも今回は基本中の基本である、歩き方と座り方のマナーをご紹介致します。

最初に、歩き方ですが、背筋をしっかり伸ばして自然に足が前に出ている印象を与えられるように歩き、歩幅を小さめにして歩くと、より上品に和装にあった美しい歩き方になり、着崩れもしにくくなります。どうしても着物の感覚が掴めない方は、着物の裾周りに合わせて歩くようにすれば、自然と歩幅が狭まった歩き方になりおすすめなのです。

また、座る時には歩く時と同じように背筋を伸ばし、椅子に対して浅めに腰掛けるようにし、足を前後にズラして座るようにするとよく、その方法で着席すると美しく見えるだけでなく、立ち上がる時に立ち上がりやすくなるそうなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事