普段着物の裾の位置の決め方

式服と違い普段の服を決めていくのは踝が隠れる程度にしているそうです。後ろ中心がお尻の真ん中に来るように着ていきます。前上がりで止めていき、足首が見えないか暗いに位置で停めるように調整しています。

式服のときは少し長いほうが美しい課と思いますが、普段の服はあまり丈が長いと生活しづらくなってしまいますので、短めに設定していくとのことです。

裾を少しあげていく場合の着付けのポイントとしては、全体的にしぼまっているように着付けを行っています。しゅっとしぼまって着付けをすることによっって身長がたかく、スタイルも細く見せることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事