着物はどのように染めているの?

着物を別の色に染める時には、どんな事が行われているのでしょうか?

反物を染める時には、全体を一色に染める方法と元々の着物の柄を活かして地色だけを染め替える方法があり、全体を染める時には染料の中に反物を入れて染めていくのです。

柄を染めない場合には、柄に染料が入ってしまわないよう糊で防いだ状態でハケなどで染料を付けていくため、全体を染めるよりも手間がかかるので金額も高くなるのだそうです。

着物の種類によって染め直しの方法にも違いがあり、白い生地や小紋、無地や紬の着物を持っている場合には柄活かしではなく、基本的に無地染めという方法が用いられるのです。

留袖や附け下げは、無地染めよりも柄活かしの染め方で染められる事が多いのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事