振袖と留袖、何が違うの?

留袖と振袖は女性の着物の第一礼装ですが、どんな違いがあるのでしょうか?

未婚女性の第一礼装である振袖は袖が長いという特徴があり、昔は振袖を振るというのは男性を誘うという意味合いもあったと言われていて、袖が長い方が格が高いのです。

既婚女性の第一礼装である留袖は、いつまでも袖を振らないよう袖を留めるという意味合いがあり、黒の留袖と色留袖に分ける事ができますが、冠婚葬祭で新郎新婦の親族女性が着る着物です。

成人式に既婚女性は留袖を着るか迷っているという方もいるかもしれませんが、色留袖を着てもいいと言われていて、必ずしも留袖でなければならないという訳ではないので振袖を着たいのであれば、この機会に着るのもアリでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です